コーディリエラ・グリーン・ネットワーク(CGN)は

コーディリエラ地方と呼ばれるフィリピン・ルソン島北部山岳地方の

環境保全と先住民族の暮らしの向上を目的として

現地に根ざして活動するフィリピンのNGO法人です。

 

Photo by Meeko Koike

Photo by Meeko Koike

団体の名前にある「コーディリエラ」とは、ルソン島北部の山岳地方のことです。コーディリエラ山岳地方には2000m級の山が連なり、さまざまな先住民族が暮らしています。険しい地形に阻まれて道路や電気などの整備が遅れ、フィリピンで最も開発の遅れた地域のひとつといわれています。一方で精霊や山の神を敬う昔ながらの儀礼や伝統芸能を伝え、独自の文化を残している地域として知られています。

しかし、近年、コーディリエラ地方にもグローバル経済の波が押し寄せ、森林破壊が進み、先住民族の自然と共生する暮らしも大きく変わりつつあります。CGNはこのコーディリエラ地方の自然環境を守りながら、先住民族の暮らしを向上させることを目的として活動しています。

乾季に起こる山火事

乾季に起こる山火事

鉱山開発も環境破壊の要因です

鉱山開発も山岳地方の環境破壊の要因です

CGNはバギオ市在住の日本人・反町眞理子と、環境保全に熱意のある先住民族たちによって2001年に創立されました。2020年時点での代表はブルーノ・タイヤンBruno Taiyang、副代表はベンゲット州国立大学(BSU)森林学部教授のジョン・タクロイJhon Tacloyです。スタッフは先住民族出身のフォレスター(森林官)、アグリカルチャリストなど専門家を中心としています。活動は環境教育ファシリテイター、アーティスト、ライター、環境活動家など日比の多くのボランティアによって支えられています。


CGNの活動の最新情報はブログで!

http://cordillera.exblog.jp/

 

日本人インターンの活動報告はこちら

https://cordilleraintern.tumblr.com/

 

 

お問い合わせはメールでお願いいたします。

cordigreen@gmail.com

 

<CGNフィリピン・オフィス>

#25 J.Felipe Street, Gibraltar, Baguio City, 2600, Philippines

Tel: +63-920 969 1619

 

<CGN日本事務局>

事務局長 竹本泰広

722-0062
広島県尾道市向東町8885-12

Tel:070-5661-0186